ファストファッション

2018SSのユニクロUをちょろっとレビュー!【オススメはパンツ類】

2018年1月29日

1月26日に先行して発売されたユニクロUを見てきたので、見た分だけをちょこっとレビュー。

オススメを数点紹介します。

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「k(@k___blog)」です!

今回はユニクロにて2018SSのユニクロUのアイテムを見てきたのでレビューしたいと思います。

全品レビューなどは他のブロガーさんがやってくださってるので、1~10まで知りたいという方はそちらを参考にする方が良いかと思います。

あと、レビューと言いながら試着のみで一着も買っていないので、その辺もご了承ください。

今季のユニクロUを見た雑感

さて、まずは今季のユニクロUを見た感じの雑感ですが、とにかくパンツが良いという事です。

最近のボトムスのトレンドは確実にワイドに向かっていますが、ワイドさに振り切ったパンツが特に人気です。

どのブランドを見ても細身のパンツよりもワイドパンツを打ち出していますし、自分が働いているお店で売れる服もワイドパンツだったりします。

東京で定点観測をしていて、2018年はスキニーとワイドの両極端のトレンドとは思っているのですが、買い足しているのはワイドパンツで、細身のパンツは既存の物を使っているのではないでしょうか。

ということで、ワイドパンツを買い足すのにオススメの年だとも思うんですよね。

そこにユニクロUは綺麗なシルエットのワイドパンツをいくつも展開しているので、上手いなぁと思わざるをえません。

ファッション初心者の方や、田舎に住んでいる方はワイドパンツはちょっと難易度高いと感じるかもしれませんが、挑戦しやすくなる年でもあるし、ユニクロで買える分敷居も低くなるのではないでしょうか。

ってことで、2018年のユニクロUのおすすめはワイドパンツです!!

オススメアイテム

では、そんなパンツを中心におすすめ品を紹介していこうと思います。

オススメは3アイテムのみです。

ワイドフィットタックパンツ(コットン)+E

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/407314-68#colorSelect

まずはこちらの、程よくもも周りが膨らむワイドパンツ。

ツータックと言われる、ももの上辺りに折り合わせが2つ入った物になっています。

そうすることでもも周りが余り、ワイドなシルエットになるというわけですね。

また、センタープレスも入れることで、ワイドパンツながらもどこか品の良いデザインに仕上がっています。

ワイドパンツながら、綺麗に履けるパンツという事で、結構おすすめですね。

こういった今季らしい綺麗なシルエットのパンツは、他のファストファッションではほとんど見かけないので、ユニクロUで買うべきアイテムでしょう。

他ブランドを捜せば、もっといい物はもちろんありますが、3990円+税という価格で入手できる中では最高にコスパが良いと思われます。

ワイドフィットカーゴパンツ+E

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/407316-68

続いてユニクロにしては結構攻めたシルエットのカーゴパンツです。

これ是非店頭で見てもらいたいのですが、つるした状態の物を横から見ると腰から太ももはかなりワイドなパンツとなっています。

ユニクロ史上最もワイドと思えるくらいのシルエットです。

そして膝下から足首にかけてはテーパードが効いたものになっているので、履いてみると思ったより太い印象がないんですよね。

カーゴパンツは野暮ったくなりがちなボトムスですが、そのカーゴパンツをよりワイドにしながらも足先で引き締めた技ありなアイテムでしょう。

カーゴパンツというと、ちょっと昔のオタクアイテムのイメージがあるかもしれませんが(偏見?)、適度にカジュアルで今欲しいワイドパンツです。

ストライプオープンカラーシャツ(長袖)+E

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/406534

最後に紹介するのはストライプが効いたオープンカラーシャツ。

2017SSからオープンカラーシャツを打ち出しているユニクロUですが、今年は去年と違ってオープンカラーにストライプ柄を入れてきましたね。

こちらの記事でも書いているのですが、2018年春夏のトレンドとして一番にあげられるのが「リゾートファッション」。

2018年の最新のメンズファッショントレンドを予想!【リゾート・英字・首元に注目】

2018年のメンズファッションのトレンドを早速考察! コレクションや東京の雰囲気から考えるこれからの着こなしや、流行必須のアイテムまでをご紹介していきたいと思います。

そして、そのリゾートファッションを落とし込みやすいのがアロハシャツ。

そしてそして、アロハシャツのディテール(形)で分かりやすいポイントが「オープンカラー」。

ということで、オープンカラーのシャツは今年買うべきアイテムのひとつだと言えるんですね。

そういったトレンドを考えても、今回のこのオープンカラーシャツは特にオススメなんです。

春先から使える長袖のオープンカラーシャツで、去年とは違って見えるようにストライプ柄を使っています。

また着丈も通常ラインで展開されているシャツより長めですし、サイドにスリッドが5㎝ほど入っているので、より着丈の長さを演出できるように思います。

それに加え身幅も広いので、少し緩めで着られるという事ですね。

見て納得、着てみてもっと納得の、今年っぽいシルエットです!!

しかしながら、少しだけ残念なのが、「綿素材」という点。

去年のオープンカラーに使われていた光沢感があり、柔らかさがあるリヨセル素材で作って欲しかったというのが個人的な感想です。

綿素材が悪いというわけではないのですが、その方がもう少しリラックス感のあるシャツになっていたんじゃないかと思います。

リラックス感こそリゾートファッションに欠かせないキーワードでもありますからね。

それと、この青以外の色味はお勧めできないですね。

http://www.uniqlo.com/UniqloU18ss/jp/

こちらの「ブラウン」はルックでは良い色味してるなぁって思ってたんですが、実物を見ると「うわぁ・・・」って思っちゃいました。

生地感が色味のせいでどうしても安っぽく見えてしまいましたし、ピンクのストライプが浮いているように感じました。

そして、もうひとつの「ナチュラル」はもうパジャマですね。

オープンカラーシャツってどうしてもパジャマに見えてしまいがちなので、そこをどうパジャマに見えないかを追求してほしかった・・・。

ってことで、青はオススメですが、それ以外は手を伸ばさないのが賢明かと思います。

終わりに

以上3アイテムだけ紹介させていただきました。

他にもコートやシャツ・ニット等のアイテムがありましたが、紹介したもの以外にインパクトのあるものはなかったですね。

今までと同じような感じかなぁと思ったのが正直な感想です。

もちろん、今の自分の感性でそう思っているだけなので、実は良品があるかもしれないですけど。

他のアイテムが気になるという方は、ここまで見てもらってて申し訳ないですが、他のブロガーの方の記事を見て参考にしてみて下さい。(丸投げ感半端なくてすいません。)

それでは以上になりますが、ユニクロUを購入するときの参考になれば幸いです。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

k

ブログ歴7年。 古着屋勤務歴5年。 デザイナーズからビンテージまで幅広く色々な服が好きなので、このブログでも幅広いテーマで発信中です!

-ファストファッション
-, , , ,